10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1Q84 BOOK 3

1Q84 BOOK 31Q84 BOOK 3
(2010/04/16)
村上春樹

商品詳細を見る


いやぁ…久々の一気読みでした。
BOOK 2がかなり余韻を残した…というより、えぇ~、そこで終わり?
みたいな感じだったことと、前作からそれほど長く待たされなかったこともあって、おさらいもせずすっと1Q84の世界に戻っていけました。
細部はいろいろと忘れてしまっているけれど、読み進めていく上で問題になる点もそれほどなかったです。

何より話の展開も早くて続きが気になってやめられなかったという感じです。




青豆と天吾がどんどん近づいていくことと、BOOK 2で起こっていた一見ばらばらに思えていた事柄が非常にスピーディーに1つの点に向かって収束していくので、どんどんこの世界に引き込まれていきました。

牛河という人物の登場で、青豆と天吾はもう会えないんじゃないかという不安をずっと捨てられずに読み進めていきましたが、この結末は、個人的には非常にすっきりとして文句なしという感じです。
私のような想像力の欠如した人間にとって、1Q84は理解の範疇を超えるような観念的な世界だと思っていたけれど、気づけばいろいろなことを自然に理解できていたような気持ちがしたのが、すごく不思議でした。
これがやはり村上ワールドの真骨頂なのでしょうか?

ネタバレをしたくないので、ちゃんとしたレビューを書くことができませんが、未読の方には是非一読をお勧めしたいです。村上作品を読んだことのない人でも、おそらく問題ないのではないかと思います。何を隠そう私がそうだったので。

ということで、評価は、★★★★★で。
スポンサーサイト

Amazonで予約して買って暫く放置してましたが、先週からノンビリと読み始めてます。私も細部を忘れてしまっているクチですが、巧く思い出させてくれる工夫もあって
「あ、また読み返さなきゃ」とはなりませんでした。例によって一気に読んでしまうのがもったいなく、雨の日の通勤(チャリ通なんで…)や寝る前、休日の一時の楽しみになってます。結末もそうですが、そこに至る過程も含めてワクワクしながら読んでます。

おぉ~っ!

Holy Kさん、お久しぶり~^^
たまにこうやって顔を出して生存報告してくれるので嬉しいです(笑)
私もねぇ…もったいない…と思ったんだけど、この週末を逃したらまたずるずると長くなって、記憶をたぐりながら読まないといけなくなると思って、読み切りました。
またmixiにでも感想アップしてよ。
最近ほとんど行ってないけど(汗)
Secret

プロフィール

tamayo

Author:tamayo
四国は徳島県在住。蟹座のO型。
社会人、専門学校生、高3の子どもがいる会社員です。
嵐にはまったのは、2007年の10月。
まだまだ知らないことが多いので、日々勉強です。
メンバーみんな大好きですが、敢えて言うなら潤担です。
藤木直人さんのファン暦も13年になりますが、現在こちらは嵐メインで書いてます。
直人さん関連はもうひとつのブログで更新しています。
リンクの「Wonderful Days(別館)」へどうぞ。

ウィジェット

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター


無料カウンター

おすすめ商品

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

年別アーカイブ一覧

ブログ内検索

チーム・マイナス6%

嵐友さんブログ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

NEWSZERO

GANTS

ジャニーズ最新情報

嵐ファン検定

RSSフィード

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。