08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英雄の書(上)(下)


英雄の書 上英雄の書 上
(2009/02/14)
宮部 みゆき

商品詳細を見る
英雄の書 下英雄の書 下
(2009/02/14)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


久しぶりに一気読みしました。
待ちに待った宮部さんの新作。それも私の中で時代物と双璧と言えるほど好きな冒険ファンタジー小説。
以下ネタバレになるので、読む予定のある方はパスしてください。



小学校5年生の森崎友理子の元にある日突然もたらされた信じられない知らせ。
それは、優しくて頭の良いお兄ちゃん森崎大樹が学校で同級生二人にナイフで斬りつけ、一人は出血多量で命を落とした。そして彼は学校から姿を消した。
お兄ちゃんがそんなことするはずない。平凡な日常が一気に壊され、現実を受け入れることのできない友理子の前に現れたのは…なんと見たこともない言葉で綴られた「本」だった。
大樹は、「英雄の書」という本に魅入られてしまったのだという…。
「アジュ」というその本とともにお兄ちゃんを見つけ出すための友理子の冒険が始まる。

一緒に旅を続ける無名僧の「ソラ」、英雄の書を狩る狼の「アッシュ」、本してはまだまだ未熟な「アジュ」。
それぞれがとても魅力的に描かれていて最後まで飽きさせることがありません。
途中で何となく友理子(ユーリ)を待ち受ける辛い出来事が予想され、読み進める気持ちが挫けそうになることもありましたが、それよりも真実を知りたいという欲求には勝てませんでした。

宮部さんは、子どもを主人公にした冒険ファンタジーを書かせたら、右に出るものはない作家だと思います。
初めて「ブレイブ・ストーリー」を読んだ時の感動は今でも忘れられません。
初めての時に受けるインパクトが強いほど、その次からの刺激に物足りなさを感じてしまうものかもしれません。
「ブレイブ・ストーリー」の時のように涙が溢れることはなかったにしろ、現実の厳しさを受け止めて強くなっていく友理子を見ていると、涙が出そうにはなりました。
根底に流れているものは同じものじゃないでしょうか。
どうしようもない別れを乗り越え、希望を抱かせるラストには、とても満足しています。
また続編があれば…なんて思ったりもしました。

子どもだって、子どもなりに精一杯現実に立ち向かえる力を持っているんだと思います。
親が思うほど子どもは弱くはないし、ずっといろんなことを考えているんでしょう。
だけど…親はちゃんと子どもを見ていてあげなくちゃいけない。そう思いました。

あ~あ、せっかく待ちかねた新作一気読みしちゃったので、またしばらく待たなくてはなりませんね。
自業自得ですけど。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

tamayo

Author:tamayo
四国は徳島県在住。蟹座のO型。
社会人、専門学校生、高3の子どもがいる会社員です。
嵐にはまったのは、2007年の10月。
まだまだ知らないことが多いので、日々勉強です。
メンバーみんな大好きですが、敢えて言うなら潤担です。
藤木直人さんのファン暦も13年になりますが、現在こちらは嵐メインで書いてます。
直人さん関連はもうひとつのブログで更新しています。
リンクの「Wonderful Days(別館)」へどうぞ。

ウィジェット

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター


無料カウンター

おすすめ商品

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

年別アーカイブ一覧

ブログ内検索

チーム・マイナス6%

嵐友さんブログ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

NEWSZERO

GANTS

ジャニーズ最新情報

嵐ファン検定

RSSフィード

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。