08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イノセント・ゲリラの祝祭

イノセント・ゲリラの祝祭イノセント・ゲリラの祝祭
(2008/11/07)
海堂 尊

商品詳細を見る

おなじみ田口・白鳥コンビの4作目です。
今回のテーマは…本の帯によると「厚生労働省をブッつぶせ!」です。
最初に「チーム・バチスタの栄光」を読んだ時は、めちゃくちゃ面白い!と感動したのですが、シリーズものの宿命なのかな…ちょっと私的には☆三つぐらい…かな?
厚生労働省のモンスター官僚白鳥さんも、思ったほど活躍しないし、田口さんも、ストーリーテラー的な役割な感じで、今回の主役はやっぱりイノセント・ゲリラの代表「彦根新吾」ということになるのかな?
海堂さんの主張は一貫していて、死因の診断にエーアイを取り入れるべきということと理解しているのですが、今回は話はもっと大きくなっていて、まずは崩壊している医療を立て直すこと、そのためには医療を司る厚生労働省自体をぶっつぶせみたいな(かなり乱暴に要約してますが)論調で、私にはちょっと理解が難しかったです。
確かに現代医療の問題点は、あらゆるところで論じられています。産科や小児科の医師の数は絶対的に不足していて、安心して出産も子育てもできない社会です。
現場の医師は疲弊しきっていて、そこから医療事故などが発生するリスクも高まっているのでしょう。
最近も医療ドラマでも、こうした問題は常に描かれています。

それをわかった上で、この作品を小説として見た時に「チーム・バチスタ~」や「ジェネラルルージュ」の時のようなドキドキ、ハラハラ感は感じられなかったなぁ…と。
「神々の楽園」の話もなんだかフェードアウトな感じでしたし、警察庁から出向している桜宮市警広報課室長の「斑鳩芳正(通称:サイレント・マッドドッグ)」の不気味な動きもよくわからないままでした。ひょっとしたら、次作へ続く伏線なのかもしれません。というか、そうでないと訳がわかりません。
もちろん、これは私個人の意見なので、不愉快に思われる方がいらっしゃったらごめんなさい。どうかその場合は、スルーしていただけたら…と思います。

とはいえ、次作が出たら…また読んでしまうんだろうなぁ…。
今、読みたい本がたくさんあるのですが、あまり本に使えるお金もないので、本屋さんに行っては、溜息をついて帰ってくる日々です。
また本が増えたので、今日も処分しに行ったのですが、1冊1500円~2000円のハードカバーが50円程度でしか買い取ってもらえません。書籍は、ほんとに厳しいです。
それでも…買ってしまうとは思うのですが。。。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

tamayo

Author:tamayo
四国は徳島県在住。蟹座のO型。
社会人、専門学校生、高3の子どもがいる会社員です。
嵐にはまったのは、2007年の10月。
まだまだ知らないことが多いので、日々勉強です。
メンバーみんな大好きですが、敢えて言うなら潤担です。
藤木直人さんのファン暦も13年になりますが、現在こちらは嵐メインで書いてます。
直人さん関連はもうひとつのブログで更新しています。
リンクの「Wonderful Days(別館)」へどうぞ。

ウィジェット

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター


無料カウンター

おすすめ商品

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

年別アーカイブ一覧

ブログ内検索

チーム・マイナス6%

嵐友さんブログ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

NEWSZERO

GANTS

ジャニーズ最新情報

嵐ファン検定

RSSフィード

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。