10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憑神

憑神 憑神
浅田 次郎 (2007/04)
新潮社
この商品の詳細を見る

最近、浅田次郎さんづいてますな。。
これは、妻夫木君主演で映画化された作品です。
時は、幕末。江戸から明治への過渡期。主人公の別所彦史郎は、貧乏御家人の次男坊。当然家督は継げないので、やや格上の井上家に養子として婿入りしたものの、子どもができたらさっさと難癖をつけて離縁され、実家に戻って居候のような生活に甘んじている。
この主人が、武道にも勉学にも優れた武士の鑑のような人間で、周りの誰もが彼が長男であれば…と残念がるほど。なのに…そんな彼にはとことん不幸がつきまとうのです。ありがたい神様と思って拝んだ祠にいらっしゃったのは…貧乏神、疫病神、そして、死神。
どうやっても逃れられない運命のところを、なんとか貧乏神、疫病神までは、特別待遇の「宿替え」を使って、他の人にふったけれど、死神まで他人にふることは…彦四郎にはできなかったんですね。
不幸に不幸が重なって、それだけ見ると、とてもやりきれない物語なのだけれど、読後感は非常に爽やかなのがこの作品の不思議なところ。

明治政府を立ち上げた薩長の人や、新撰組や会津藩など、幕府側の人々を描いた作品が有名で、幕末の貧乏御家人をクローズアップした作品はめずらしいと思います。
彦四郎の生き方はとても不器用だけれど、徳川幕府の時代にすっかり失われてしまった武士としての精神を貫いた彼に、皆が共感していく姿が、爽やかな読後感につながったのかもしれません。
登場人物も神様達もどことなくユーモラスに描かれていて、心が温かくなるような作品でした。

次は…別の人の作品をはさんで、涙なくしては読めないらしい「五郎治殿御始末」を読む予定です。

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

tamayo

Author:tamayo
四国は徳島県在住。蟹座のO型。
社会人、専門学校生、高3の子どもがいる会社員です。
嵐にはまったのは、2007年の10月。
まだまだ知らないことが多いので、日々勉強です。
メンバーみんな大好きですが、敢えて言うなら潤担です。
藤木直人さんのファン暦も13年になりますが、現在こちらは嵐メインで書いてます。
直人さん関連はもうひとつのブログで更新しています。
リンクの「Wonderful Days(別館)」へどうぞ。

ウィジェット

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター


無料カウンター

おすすめ商品

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

年別アーカイブ一覧

ブログ内検索

チーム・マイナス6%

嵐友さんブログ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

NEWSZERO

GANTS

ジャニーズ最新情報

嵐ファン検定

RSSフィード

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。